プエルトイグアスよりパラグアイの伝説の宿民宿小林への行き方! そして食にやられました…




どーも、やくたびです!

プエルトイグアスよりパラグアイの伝説の宿である民宿小林への行き方を紹介します。

旅人なら一回は耳にしたことがあると思います。居心地が最高に良く、毎日美味しい日本食が食べれるんです!

タイトルの食にやられましたっというのは2つの意味があります。1つは上記の通り美味しい日本食!

もう1つは…ホントつらかったですー😫

ということで、

では、どーぞ。

『パラグアイ滞在 2018.5/5~5/9』

まずはイミグレへ

朝は6:30から出ていて、1番遅い時間だと17:45があります。これは全てパラグアイの国境の街である『Ciudad del Este』のバスターミナル行きになります。

所要時間は1時間15分、値段は50アルゼンチンペソ(約220円)です。この値段も数ヶ月前までは40アルゼンチンペソだったらしい!

やはり徐々に上がってきてますね!

その日に民宿小林に行きたい場合は午前中には出ましょう!

Ciudad del Este』のバスターミナルから民宿小林行きのバスが、昼の3時ぐらいでなくなってしまうそうなので。

バス会社は1社しかなく『RIO URUGUAY』という会社になります。

自分は10:45発のものに乗りました。

11:00、アルゼンチンのイミグレ着。

11:00アルゼンチンのイミグレ発、11:55パラグアイのイミグレ着。外観はこんな感じです。

アルゼンチン、パラグアイの現地の人達はイミグレ通らずに行ききしているので、そのためバスもイミグレでわざわざ止まってくれません。

なので、事前にイミグレで降ろしてくらって言っとく必要があります。降りる際には、次の『RIO URUGUAY』社のバスのトランスファーチケットをくれます。

このチケットがあると、次に来たバスに無料で乗れます。もし、運転手が何も言ってこなかったら、こっちからトランスファーチケットくれと言いましょう!

でも、次のバスが中々来ない! 約1時間も待ちました!

12:55にやっときて、パラグアイのバスターミナルに着いたのは13:10でした。

ですが、アルゼンチンのイグアスとパラグアイとでは時差が1時間あるので、13:10→12:10というふうに。

ここからはパラグアイ時間で書いてきますね。バスターミナルの場所とかも後ほど説明します。

降りるタイミングを見極めるべし!

次のバスはこれだ! けっこうボロっちいぞ!

12:20発! ここから西に53km行ったところに民宿小林があります。

周りには何にもないただただ広い土地があるだけなので、事前に53km地点で降ろしてもらうように言わないといけません。

民宿小林の近くにバスターミナルとかもないですからねー。

cincuenta tres(シンクエンタ トレス)

スペイン語で『53』はこう言います。なので、大きな声で運転手に言い続けましょー(^o^)

車内はこんな感じ。今までのアルゼンチンのバスと比べると、明らかにクオリティが落ちてる!

バスの値段は15000グアラニー(約300円)でした。

車内販売に売りに来たのでバーガーを1つ買いました。うん、美味い(^^)

が、後日後悔することに、、、

ここ! このSOSの看板付近で降りましょう!この看板を左に歩いて行くと民宿小林があります!これが、唯一の目印ですね。

14:00頃到着。(アルゼンチン時間だと15:00頃)なので、イグアスを出て4時間15分で着きましたー。

maps.meでそれぞれの場所を確認

まずは全体図を。右下がアルゼンチンのプエルトイグアス。上の川挟んで左右にある赤ピンがイミグレです。

右側のアルゼンチン側は、降ろしてくれて待ってもいてくれるんですが、左のパラグアイのイミグレは自分で言ってから降りて下さいね。

1番左下の赤ピンはパラグアイのバスターミナルになります。

パラグアイのイミグレです。『Paraguay Customs』と書いてありますので。

パラグアイのバスターミナルの拡大図です。『Bus Station, Ciudad del Este』と書いてあります。

広域図。左の青ピンが『民宿小林』になります。左の大きな湖を目安としましょう。

この黒枠で囲んだ湖の飛び出たところをさらに目安として下さい。そこから下におりてください。

そーするとこの小さいY字の上に『53km』と書いてあるバスマークが出てきます。

ここで、降りて下さい。後は下に100mほど歩けば『民宿小林』です(^^)

maps.meを使ってる方は参考にどーぞ(^^)

到着!犬・猫と戯れた後はご飯だ!

ここ、民宿小林には犬と猫が大量にいるんです! どちらとも10匹以上いましたね。確実に。

猫達は食事の時にしか寄ってきてくれませんが、犬達は常に遊んで!遊んで!愛でて!愛でて!感が強く可愛いんです😊

でも、最初ミスって柵を開けてしまった全ての犬を外に放ってしまいました。

やっちまったぁ! ごめんなさい😓 すかさず民宿小林のお父さん、お母さんが呼び戻してくれましたー!

開けてしまって犬達は散歩だと勘違いしてしまいました。ごめんよー😓

ここの食事はもちろん日本食が出ます! お母さんが毎日作ってくれまして、これが美味しいんです!

通常は25000グアラニー(約490円)、すき焼きとアサード(BBQみたいなもの)は35000グアラニー(約680円)になります。

因みに朝は昨日の夕食の残りと、ご飯と新鮮な卵を1つもらえます。旅中に朝から卵かけご飯が食べれるとか最高ですよ!

旅人は、お母さんの美味しい日本食を求めてきてると言っても過言ではないですね!

着いたその日は、なんとすき焼きでしたー!

もうねあっという間ですよ! この時珍しく女性1人、他全て男性っていう状態だったので一瞬でした!

ご飯も追加を持ってきてくれたりと、お腹いっぱい食べれます! 美味しい日本食をお腹いっぱい食べれるとか久しぶり(^^)

美味しかったぁぁぁ!

次の日の昼ごはんは、日本人移住地内のラーメン屋に。味噌ラーメンを食べました(^o^)

ラーメンの味噌というよりは、味噌汁よりの味噌かな? でも、美味し!

さらに餃子まで!羽根つきだぁぁぁ!

幸せだ。柚子胡椒があったらなお幸せでしたね(^^)

昼ごはんの後は、『イグアス匠センター』というところに。

館長の園田さんに、パラグアイになぜ日本人が移民して来たのかなど、歴史から様々な事を教えてもらいました(^^)

ちょっと文書では大量になってしまうので、是非ここに赴いて園田さんの話を聞いて下さい!

園田さん優しいので、快く何でも話してくれます。

2時間近く話を聞いた後は、館内を見学。移住してきた当時に使っていたものだそうです。

写真からも歴史を感じますね!

その後は適当にバスを拾って宿に戻りました。夕焼けが綺麗だ! 周りに何もないからこそ広大な景色を独り占めできる。

夜も星空が凄く綺麗に見れますよ(^^) 街灯とかの人工的な光がないのでねー。

原因はおそらくこいつだ!

ここに来て2日目の夜中の話です。昼には美味しいラーメンと餃子、夜はお母さんの美味しい日本食(ナスの味噌炒めやゴーヤチャンプルなど)。

真夜中の3時頃、いきなり目覚める!突然の気持ち悪さから吐き気が!

そうです! 食あたりですね!

もう、上からも下からもです…

トイレ、ベッド、トイレの繰り返しです。横になっても気持ち悪い。常にお腹痛い。気分は最悪…

何でだぁぁぁ😱 周りは誰1人同じような症状はなく自分だけ。みんな同じものを食べてるはずなのにぃぃぃ😱

気分は悪いけど、原因を考える、、、思い出した! これしかない!

おそらく、原因は、

こいつだぁぁぁぁぁ!!!

これしか考えられない!お母さん曰く、パラグアイのお肉はあまり良くないからたまに当たることがあるのよね。とのこと。

やっぱりこいつしか考えられない! くそー! 味は良かったんだけどなー! 肉めー!!

ホンットーーーーっにきつかったです😓 何も出来ない。横になってもしんどい。動いてもしんどい。食べ物なんてもってのほか。

心なしかげっそりしました😱

ちょうどお医者さんの旅人(動物の)がいたので問診してもらいました。Dr.すぐさま直してくれぇぇぇ😱

この日は、もう一つの日本人宿である『ペンション園田』に宿泊している日本人との合同バレーボール大会が行われました。

遠目で眺めておくことしか出来なかったですね。皆さん楽しそうだった…

状態が悪すぎて最後まで見ることも出来ず、途中で部屋に😓

何とか次の日には少し復活して、食べ物も食べれるようにはなりました!

あっと言う間に時間が過ぎ、気づいたら4日間経過。中2日は死んでましたけど、食あたりがないものと考えるとやはりいい宿でしたー(^^)

ご飯美味しいし、お父さんお母さん優しいし、のんびりできるし、犬猫は可愛いし(^^)

今度は途中で変なもの食べずに直接来ねば! 最後にこの期間いた旅人達と集合写真を。

翌日、1日だけペンション園田に宿泊し、ブラジルの天然の水族館と呼ばれるほど透明度の高い川である、『ボニート』を目指します(^o^)

 

ということで、良い旅をー! やくたびでしたー!

ランキングに参加しています。なにとぞー。

hitoritabi_kaigai88_31.gif

にほんブログ村




よかったらシェアお願いします。